着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限

日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限られます。

別な見方をすれば、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

送料無料で査定してくれる業者もありますから、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

着物など値の張るものを買取に出す際、買取額ってどうしても気になりますよね。

相場があれば知りたいというのも当然です。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、ひと括りにできないところがあります。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

和服専門の査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど売れないと恥ずかしい。

結構そういう方がいるようです。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

とても素人判断ができるものではありません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があります。

現代の有名作家の作品なら、サイズが大きいものが多く、着たい人が多いため中古市場で高値をつけられるからです。

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは高級品に格付けされる産地の品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので査定額も平均して高いようです。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはくれぐれも忘れないでください。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ないとわかっている着物は、買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのが収納スペースの確保にもなると思います。

初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか決めるのは難しいと思いますが、この分野のランキングサイトもあるので自分の条件に合った業者を探しましょう。

着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。