着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を着ると、日本人であること

着物を着ると、日本人であることを実感しますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

まず季節ごとに虫干し、畳むときには和紙を入れ替え桐箪笥に戻してまた保管などと実に大変です。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば業者に買い取ってもらうという手があります。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

着物買取の前には必ず査定がありますが、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとではどちらを選んだ方がいいかといえば、可能なら店舗への持ち込みをすすめます。

もし納得いく査定額でなかったとき、保留にして他のお店に行くこともできるからです。

お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張査定は無料サービスで査定後に買取を断ることも可能と明文化している業者に依頼しましょう。

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと相談を持ちかけてきました。

素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、買取を断られたらどうしようという悩みもあるようです。

まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。

傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。

友人もさすがに、リサイクルをあきらめて、別の処分方法を考えるようです。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で付加価値がつくとは限りません。

袖を通したことはなくても、少しずつ劣化していくこともあるので状態は確実に悪くなっていきます。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物に心当たりがあれば、一日でも早く買取業者に見せましょう。

以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は行わないところも少なくないですから、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが良いと思います。

買取なら、中古着物専門の業者のほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

近所に心当たりがないときは、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。