着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着ないかなとか、いつか着る

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も少なくありません。

着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか気になるところですが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、査定だけでも受けてみることをおすすめします。

どうにも着る機会がない着物に困っていませんか?着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、他の着物より格段に手がかかります。

将来にわたって、着ないと思われる着物は買取を考えてもいいのではないですか。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつくものではありません。

未使用の着物であっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し状態の悪化はどうにも避けられません。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をお持ちの方、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。

私の家では建て替えが決まり、あらゆるものの整理を行っていたところ覚えのない反物に出会いました。

手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外側だけ見ましたが、傷みはなくてたぶん上物だと思います。

着物買取業者の案内を調べてみると反物の買取も、着物と同様に行っているそうです。

うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。

そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。

着物を着ると、日本人であることを実感しますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと手間をかけないと傷んでしまいます。

もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば業者に買い取ってもらうという手があります。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。