着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

本格的な振袖を着るのは成人式が

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、処分する気は全くない人が多くて当たり前ですが、着る時期を過ぎてしまったら、売ってお金に換えた方がこれからの自分のためかもしれません。

上質の生地で、色や柄も品のいいものならそこそこの買取価格で売れるでしょう。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、どこに頼んだら良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

でしたら、着物買取のネット業者を利用すると一気に悩みが解消できると思います。

インターネットで買取(査定)依頼すると、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。

同じ着物は二つとないのですから、高価な着物を預けるなら、まともな見立てのできる業者さんを選ぶことがコツです。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは扱わない店も増えていますから、持参する前にあらかじめ問い合わせたほうが確実です。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締め帯揚げといった小物も併せて買取可能です。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

それでも買い取る可能性があるのは正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

着ることによる傷みはなくても経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

使用済か未使用かではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

もし、未使用で今後着る予定がないという着物に心当たりがあれば、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。