着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告をよく見か

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告をよく見かけるようになりました。

着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、経年劣化はあるので着物本来の値打ちが下がってしまいます。

状態が良く新しいものは、高額査定になる場合もありますから、思い立ったら早めに依頼して買い取りしてもらうことが肝心です。

和服や和装小物の買取といえば、宅配便を利用するのが最近では増えてきているらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと考えています。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、まともな業者さんに預けたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、引き取り手のない着物がかなりありました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話でのやりとりだけで車で買取に来る業者も結構あるのですね。

着物はどれも重いし、かさばるのでひとりでお店に運ぶなんてありえないと泣きそうになっていたので、こういうサービスが欲しかったと思いました。

着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするとトータルコーディネイトもできるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという業者の話もうなずけます。

和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを着物を送る際、一緒にして宅配便にし、査定してもらうと絶対に損はしません。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

着ることによる傷みはなくても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。