着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばる

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫で業者はたくさんあり、どこが良心的なのかそこから調べるのかと思って、実にもったいないことをしていました。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが手軽に利用できるようです。

ネットなどで口コミや評価を調べ、自分のニーズに合った業者をじっくり探していきます。

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、これから利用する人は気をつけましょう。

私が最近聞いた例では、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、その日のうちに急に家に訪れて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるようです。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

きちんとした古物取扱商であれば、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、そうそう何度も着られるものではありません。

そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、買い取ってもらってお金に換えるのもせっかくの着物を生かす良い方法ではないでしょうか。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので無料相談や査定を行っている業者も多いので、できれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取を専門にするところが増加する傾向にあります。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、品物だけを詐取するような詐欺的行為を行っている業者もないわけではありません。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友人が買取の概要を教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高値になり、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるようでした。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。