着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服は高価だし思い入れもある

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、信頼できそうなところでないと、大損なんてことになりかねません。

私がよく聞く買取に関するトラブルは、不当な安値での買取りが一番多いです。

また、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。

まず業者のクチコミ情報などを集め、査定依頼すると良いでしょう。

ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で形見分けできない着物は相当の枚数でした。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話かメールで連絡すれば車で買取に来る業者も何軒かあると知りました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と泣きそうになっていたので、それだけでもこちらは助かります。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地の名を冠するブランドものです。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら持っていて当然と言える有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高額買い取りもよく耳にします。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどこの業者の買い取りでも求められます。

絶対着ない着物を、ご自宅に抱えている方は時々見かけます。

可燃ゴミにはしたくないものですし、ただ捨てるよりは売って、いくらかでもお金に換えたいものです。

さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、どこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。

査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。

着物の処分を考えている方、まずは試しでここの買い取りシステムを参考にしてください。

いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。

もう着ないと見込まれるなら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方が賢明だと思いますよ。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはインターネットの検索を工夫してランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。

良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますが第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。