着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買取に出すと

着なくなった着物を買取に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあります。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、新品でも安価で売られているため、中古買取でも良い値がつかず、断られることもあります。

普通のリサイクル店などのほうが、買い取りする可能性もあると思います。

こればかりは仕方ありませんね。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、大切な着物としてきちんと保管していましたが、いつも洋服の生活ですからこれからその着物を着ることもないと思って思い切って処分しようかと迷いました。

ネットやタウンページで調べたところ、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。

誰か着てくれる人がいるなら人の役に立てると考えて買い取りしてもらうことを決心しました。

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、それにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、絶対手元に置いておくという人も案外いるようですが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら売ってお金に換えた方がこれからの自分のためかもしれません。

状態が良く、ものも良ければ査定結果も期待通りになるでしょう。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるなら売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。

自分が満足できる査定額でなかった場合に、その場で買取を決めず、他のところに持ち込むこともできるからです。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定は無料サービスで査定後に買取を断ることも可能ときちんと明記しているか、調べてください。

この間、祖母が着ていた着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

私たちが何度も着るような着物はなく、私がこのまま保管しておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。