着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取に査定してもらうときは、

着物買取に査定してもらうときは、喪服だけは気をつけなければいけません。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

中古の着物を扱っている店舗では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、僅少だからです。

事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、ごく一部ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく目にするようになりました。

箪笥にしまいっきりにしておくと、クリーニングして袖を通さないでいても、染料そのものの劣化もあって思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

新しくて状態が良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取りしてもらうことが肝心です。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着物の買取サービスを利用される方も思いの外、多く見かけます。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか疑問に感じる方が多いでしょうが一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

各種和装小物も買い取るところが多いのです。

ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえばトータルコーディネイトもできるので全部合わせて高めに査定してくれる業者の話もよく耳にします。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば着物を送る際、一緒にして無料宅配査定をありがたく利用させてもらうといらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、いきなり連絡もなく家に来て、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあって、たしか新聞にも載りました。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

まともな業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。