着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ないで場所ばかりとる着物類。買い取りに出して片付

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、着物や帯の点数が多かったり、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

そんなときこそ、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、量がある程度ないと受け付けないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

いくら着物として上等であっても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのが仕方ないと思ってください。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものならそれなりの値がつくこともあり得ます。

素人が決めるのは得策ではありません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。

まとまった量の着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、税法上も案外複雑です。

不安を取り除くためには大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

愛好者の多い紬などは、郡上紬や久米島といった通好みの品も、産地・種類を問わず買取してくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬のほかには、友禅、江戸小紋なども広く取り扱っているそうです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だし業者はたくさんあり、どこが良心的なのか自分で調べる余裕もなくずいぶん長い間放っておいたのです。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も増えてきているそうでネットなどで口コミや評価を調べ、自分のニーズに合った業者を何とか見つけたいと思っています。