着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

誰も着ないまま、長い間しまわれ

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。

いろいろな理由で、着ることがない着物があれば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

いわゆる高級品であって、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

要らなくなった和服を整理する際、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあります。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、新品でも安価で売られているため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、最初から除外しているところもあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあるでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を処分できやしないかと考えるのですが、それぞれに思い出もある着物なので、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、驚きました。

和服を着たい人って多いんですね。

産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、和服専業の買取業者さんだと着物の価値がわかるのだなと感じました。

今度きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

確定申告が不安になることもありそうですね。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。

金額が多く気になる場合、大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。

これから、着物の買取をお願いしようというとき着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのかどちらを選んだ方がいいかといえば、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

査定の結果に満足できなかったときに後で他のお店に回ることもできるからです。

とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら査定料、出張料どちらも無料で査定後の買取中止も無料でできるとはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。