着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母からの形見分けで、着物を何枚か

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、ただタンスの奥で眠らせておいても祖母の本意ではないでしょうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

和装小物も売るように勧められると思います。

従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると着物に合った小物も買い取れるので全部合わせて高めに査定してくれるという業者の話もうなずけます。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば着物を送る際、一緒にして無料宅配査定のサービスを利用すれば不要品の処分と、買取が同時にできます。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、査定で高く評価される点をネットであれこれ調べてみました。

当然ですが、もともと高級な着物であることは必須条件でしょうが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定価格を左右するようです。

元々の品質は良かったものでも査定で傷を発見されるとそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。

着物は日本が誇る美しい衣装ですが、保管だけでも、思いの外大変ですよね。

まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、業者に買い取ってもらうという手があります。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。

着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつくものではありません。

一度も着用されないものであっても少しずつ劣化していくこともあるので状態は確実に悪くなっていきます。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時の状態が買取金額を決めるのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、と思う着物は買い取りに回しましょう。

買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。