着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に着物に

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は下着の位置づけなので一度でも着たものは買い手がつきません。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが気を付けた方がいいことは、着物の価値の一部にもなっている、切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、ブランド品であればなおさら、あるかないかで買取価格が大きく左右されます。

残っている限りのものを送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、逆に退色やシミがあったりすると、査定額もぐっと落ち、買取を拒否される場合もあるようでした。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、それだけで価値があるというわけではありません。

袖を通したことはなくても、生地や糸は徐々に劣化していくもので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

保管状態が良く、未使用でもう着ないと思う着物は買い取りに回しましょう。

買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、たくさんの買取業者の中から絞り込むのにどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。

現在は、ネットで簡単に多くの業者を見つけ、全国を対象に探せるので迷うのが当然だと思います。

多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。

専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人の目を通せるので着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。