着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の買取を思い立って、それならとど

着物の買取を思い立って、それならとどんな着物に高値がつくのかあちこち調べると、何となくわかってきました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは必須条件でしょうが、それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも査定価格を左右するようです。

もとがどんなに高価だったとしても査定で傷を発見されると大幅な査定額減は避けられないようです。

思い出や思い入れの詰まった着物を正しく評価してもらいたいと思うなら複数の業者から査定を受け買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。

査定後、キャンセル可能な業者を利用した方がいいでしょう。

何軒か調べて査定額を比較し、金額に加え、対応にも信頼の置ける業者と話ができるよう査定のときに、条件を出されたとすれば、そこを十分確認してから決めましょう。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、本来の価格が低いですから、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、当初から引取対象外にしている店もあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、買い取ってくれる率が高いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。

不要になった和服などがあれば、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

紬や絣といった着物なら、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、種類を問わず買い入れてくれます。

ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。

それ以外には、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども扱っているようです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。