着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い和服を処分すると言ったら、

古い和服を処分すると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、汚れや傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買取を拒否される場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば有名な産地で生産された品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、査定額も平均して高いようです。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはくれぐれも忘れないでください。

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用するのが最近では増えてきているらしいので、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと思っています。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。

古物商の認可が必要らしいので、それを掲げている業者さんに査定依頼する予定です。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。

いわゆる高級ブランドの着物でも汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはかなり価値を下げてしまうのが普通の結果なのです。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の可能性がかろうじて残っています。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにまず無料査定にかけてみるのが一番です。

家を建て替えることが決まったのでこの際だからと整理を進めていたら反物がいくつか見つかりました。

上手く保管されていたので状態も良く、外から見てわかるような傷みはなくおそらく買ったときのままです。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

仕立てないで置いておくのももったいないので買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。