着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取専門と言っても、着物と帯に

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど併せて買取可能です。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため一度でも着たものは買い手がつきません。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目にします。

着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、経年劣化はあるので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

状態が良く新しいものは、リサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

愛好者の多い紬などは、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、作家物や一般の友禅染の着物なども買取対象です。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を処分できやしないかと考えるのですが、形見分けで思い入れもあるため、適当な処分先が見つからず放置してきました。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、着物の買取を専門にしている業者さんというのは丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

そう思うのは当然です。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、とても素人判断ができるものではありません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で高値がつく可能性も十分あります。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。