着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門

着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

紬や絣といった着物なら、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬は男性物でも良いですし、友禅やブランド着物なども取扱対象のようです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

という声をよく聞きます。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。

あまり古くなっていないブランド着物なら昔の品より裄丈にゆとりがあるため需要があり、業者が手に入れたいのです。

着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された登録商標だと考えてください。

買ったときに証紙を捨てる方だのありかがわからないという方もいるそうですがないと自分が損をすると思いますので査定までに見つけておいてください。

着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば本当にラッキーだと思います。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの条件を満たしています。

付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば高価買い取りも夢ではありません。

反物の状態であっても着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

仕立てる予定のない反物もぜひ業者の査定を受けてください。

着物買取の注意点です。

査定では着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと絶対高値はつかないのがどの業者でも同じです。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の可能性がかろうじて残っています。

どんな場合も、安易に決め込むのではなく、その道のプロに見てもらうことをすすめます。