着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、うちの納戸には山ほど保管されていました。

保管状態の良いものと悪いものがあったものの、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

いまどきの買取は、ある程度のシミであれば、業者さんのほうでシミ抜きするので、買取になる事例が多いそうです。

そうはいっても、お値段は「相応」のものになります。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが価格は高くなるらしく、色あせや生地の傷みがあるときは、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。

いまは和服専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

保管状態の良い着物などは結構な高値がつくかもしれません。

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、管理も他の着物に比べ負担感が増します。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

ものが同じなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった昔から着物好きな方に愛されてきた有名な産地の着物は古くても価値があるので査定額も平均して高いようです。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。