着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を整理したいと思うのですが、形見の品でもあるしと思うと、処分しないまま月日が経ちました。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのには内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、そこはやはり専門店ですから、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。

着物は着るのも見るのも良いものですが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで実に大変です。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、業者はたくさんあり、どこが良心的なのか周りに着物を売った人もいなかったのでずるずると先延ばしにしていました。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も全国に増えているようで、サービスの内容や買取価格を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうといろいろな品を仕入れることができるので全部合わせて高めに査定してくれるという話もよく聞きます。

和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを着物を送る際、一緒にして無料宅配査定のサービスを利用すれば絶対に損はしません。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこでその着物や反物の証紙があると、とても有利です。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地の基準に適合していることを公に証明している登録商標のしるしです。

この証紙を捨てる方や所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。