着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服や和装小物の買取といえば、宅配便を利用したサービ

和服や和装小物の買取といえば、宅配便を利用したサービスが多いようなので、私も貰い物の着物類を手放そうと思います。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

古着売買には古物商の届出が要るため、まずそこを確かめてから問い合わせしてみようと思います。

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですがリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかとけっこう悩んでいました。

すれや傷みもあるということで買い取りできないこともあるのかなとあれこれ心配しています。

私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。

何人かの話を聞いて、友達は買取をあっさり断念したようです。

初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので保管も手がかかるのはよくわかっています。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、横長のタンスを置く場所はありません。

七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

けれどもウールや化繊の着物というと、新しくても元の価格が安いですから、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、最初から除外しているところもあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのか自分で調べる余裕もなくずいぶん長い間放っておいたのです。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところがちょっと探せばあるようです。

大手から専門的なところまでいろいろあるので、うちの着物を高く買い取ってくれるところをがんばって見つけたいです。