着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ないで場所ばかりとる着物類

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、着物や帯の点数が多かったり、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

どうしようかなと迷ったら、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話すれば業者が自宅に来てくれます。

その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと来てもらえないこともあるので、連絡するときに確認しましょう。

古い着物を買取業者に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、買い取りする可能性もあると思います。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

考え方としては、衣類は生活必需品なので買取金額には課税されないはずですが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。

金額が多く気になる場合、申告漏れのトラブルを避けるためにも最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。

着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、買取業者の選び方を考えるとどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。

現在は、ネットで簡単に多くの業者を見つけ、全国を対象に探せるので迷うのが当然だと思います。

着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。

専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定士の査定を受けられるので、不当に低く見積もられることは少ないでしょう。

たいていの着物は高価な買い物だったと思います。

買取に出すときは、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、大損なんてことになりかねません。

よくある和服買取業者への苦情といえば、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定関係も増えました。

対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。

まず業者のクチコミ情報などを集め、ここはと思うところに依頼しましょう。

ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。