着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買い取って

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのは当然です。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、とても素人判断ができるものではありません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

ブランド品でも最近のものは昔の品より裄丈にゆとりがあるためぜひ買い取りたい品だからです。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上のお金に換えられることもあります。

着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、有償で譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、税法上も案外複雑です。

金額が多く気になる場合、申告漏れのトラブルを避けるためにも申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

着物買取の注意点です。

査定では着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

いくら着物として上等であっても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのが当然といえば当然です。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、それなりの値がつくこともあり得ます。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

処分を決め、買取業者を探してみると電話かメールで連絡すれば無料で買取用の車を出すところも結構あるのですね。

着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、とみんなで話していたので、実にありがたい話です。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

それもそのはず。

中古の和服市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、ほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。