着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服は高価だし思い入れもあるもの。処分するとき

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

よくある和服買取業者への苦情といえば、買い叩きが最も多く、ほかには査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、査定依頼すると良いでしょう。

また、中身の写真を撮っておくというのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。

着物買取業者に問い合わせてみると、着物だけを買い取るのではなく、和装小物も積極的に買い取っています。

そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので査定価格を高目におまけしてくれる業者の話もよく耳にします。

たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他それに合った小物類、帯締め帯揚げなども買い取りもできるので、聞いてみましょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

誰もがネットに接続できるようになった最近では、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、いとも簡単に入手できるようになりました。

ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。

金銭対価が生じる着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。

複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、手間や時間がかかることは仕方ないです。

タンスの中で休眠状態の着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。

いろいろな理由で、着ることがない着物があれば買取を考えてもいいのではないですか。

ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。