着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い和服を処分すると言ったら、

古い和服を処分すると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

きれいで新しめの品物のほうが高値になり、逆に退色やシミがあったりすると、査定価格から差し引かれ、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

手持ちの着物を売りたいとき、誰もが最大の関心事は着物の価値を正しく評価した査定額かということでしょう。

相場がわかればと思うかもしれませんが、明らかな相場はありません。

ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られてその一枚の買取価格が決まります。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

どこでも、査定は無料で行っていますから、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

女子にとって、成人式の振袖はどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、絶対手元に置いておくという人もどこにでもいますが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら次に着てくれる人に譲ればこれからの自分のためかもしれません。

上質の生地で、色や柄も品のいいものならそれなりの評価が期待できます。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、きちんと査定して買い取ってくれます。

ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。

紬は男性物でも良いですし、訪問着や趣味的な汕頭着物なども扱っているようです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

和服の買取というと、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いらしいので、私も貰い物の着物類を思い切って処分することにしました。

高級品や袖を通していないものもあるので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

古物商の認可が必要らしいので、それを目安にして査定をお願いするつもりです。