着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

そんなに嵩張るわけでないなら、着

そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ることも簡単です。

直接会って話すわけですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

もし、分量が多くて持参できないときは、持ち込みで2、3着みてもらって、見込みのありそうなお店に出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、注意することが一つあります。

着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、このような品質を保証するものはあるかないかというだけで査定結果が明らかに違ってきます。

残っている限りのものを必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

そう思うのは当然です。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは高値での買取を期待していいでしょう。

ブランド品でも最近のものは昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。

この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、着ないまま持っているのも祖母の本意ではないでしょうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。

でも、とにかく手入れが大変です。

晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。

美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。

これから七五三で着れば十分でしょう。

黙って手放してしまおうと思うこの頃です。