着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

どんなものの買取でもそうですが、皆さん買取業

どんなものの買取でもそうですが、皆さん買取業者を決めるときに何を判断材料にしたらいいか、です。今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので決め手がなければ選べないでしょう。

古着屋で着物も扱うところが多いのですが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定人が見てくれるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取を専門にするところが以前よりずっと増えてきています。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの違法行為をしている場合もあるということです。

クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

着なくなった着物でも、処分する際に買取額ってどうしても気になりますよね。古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。ただ、中古着物の値段というのは、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定価格から差し引かれ、ときには引き取ってもらえないこともあるようでした。きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。

ほんの一例ですが、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、その日のうちに急に家に訪れて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もありました。チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。古物商の届出が出ている業者は、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。