着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ることがなくなった着物は思い切って、

着ることがなくなった着物は思い切って、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、郡上紬や久米島といった通好みの品も、種類を問わず買い入れてくれます。リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬のほかには、友禅、江戸小紋なども取扱対象のようです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

つい最近、祖母の形見だった着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。祖母の形見ですが、着る人もなく着ないまま持っているのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品というようなものはなかったので、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、依頼する側でも注意が必要かもしれません。私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、いきなり連絡もなく家に来て、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあって、たしか新聞にも載りました。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。

処分を決め、買取業者を探してみると電話かメールで連絡すれば無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと頭を抱えていたのでそれだけでもこちらは助かります。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。

もとは最高級の着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば絶対高値はつかないのがごく当たり前です。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の可能性がかろうじて残っています。言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。