着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

どんなものの買取でもそうですが

どんなものの買取でもそうですが、皆さんどの業者を選べばいいのか、どうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので迷うのが当然だと思います。

よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人がいると考えられ、不当に低く見積もられることは少ないでしょう。手持ちの着物を売りたいとき、誰もが何とかしたいと思うのは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかに決まっています。果たして相場があるのか?と思うでしょうがこれが相場、という基準はありません。

素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。

どうにも着る機会がない着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。

振袖は特に、袖の長さの分だけ虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。

将来にわたって、着ないと思われる着物は業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。いわゆる高級品であって、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

着る人のいない和服を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

しかし中古品といっても和服の場合は、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、単純にはいきません。

例えば同じ種類・状態の着物なら、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

和服専門の査定士を置く業者さんに値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので大事に手入れしてしまっていたのですが、洋服しか着ないときがほとんどでこれからその着物を着ることもないと思って処分するなら今だと思いました。

ネットやタウンページで調べたところ、着物買取専門の業者もあることがわかりました。誰か着てくれる人がいるなら人の役に立てると考えて買取業者に引き取ってもらおうと決めました。