読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服に対する需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、あまり多くはありませんが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。着物の買取を思い立って、それならと査定額は何で決まるのかポイントを探ってみました。

ブランド品や、上等な品ならばというのは絶対に必要なことですが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のチェックポイントだそうです。

元々の品質は良かったものでも傷があることがわかると大幅な査定額減は避けられないようです。それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、買い取りを断ることも簡単です。なにより対面式ですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、納得できた業者さんだけに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

着物を処分したい。

できれば買取を利用してお金に換えたい。

でも売れなかったらどうなるのかな。

そんな方もいるでしょう。着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。比較的新しいブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、小物も同時に買い取りたいのがわかります。そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでいろいろな品を仕入れることができるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。