読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、そうそう何度も着られるものではありません。そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、買い取ってもらってお金に換えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。

いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますのでまず、見積だけでも出してもらって、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、各種和装小物も買い取るところが多いのです。

できるだけ着物と小物類を一緒に査定してもらうようにすると着物に合った小物も買い取れるのでトータルで高値をつけるという話もよく聞きます。

たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。

和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが増えてきているらしいので、独身時代に集めていた着物類を、引き取ってもらおうと思っています。高級品や袖を通していないものもあるので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを目安にして電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高値になり、色あせや生地の傷みがあるときは、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるみたいです。シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

いわゆる高級ブランドの着物でも汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは絶対高値はつかないのがごく当たり前です。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買い取ってもらえるチャンスはあります。素人が決めるのは得策ではありません。

その道のプロに見てもらうことをすすめます。