着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、査定依頼するときは注意しましょう。私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、もともとの価格が低いせいもあって、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、当初から引取対象外にしている店もあります。

リサイクルショップのほうが買い取りする可能性もあると思います。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、ネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、買取の流れは初めての人にもわかりやすく、自宅で出張査定を行う業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も結構あるのですね。

自分の場合を考えると持ち込みができないほど大量でもなく近くのお店に車で持って行き、その場で査定から換金まで済ませたいと思います。

古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分する際には、価値相応の価格で買い取ってもらうために買取業者さんの評判を確認しましょう。買取実績もあって評判も悪くない買取業者を見つけたら、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べると目安になると思います。買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、満足のいく結果も出やすいと思います。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、思いの外いい値段で売れるかもしれません。着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。着物は衣類なので、生活必需品に分類され買い取りも課税対象ではないのですが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、ケースによって違うと考えましょう。

不安を取り除くためには確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。