読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、

古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も少なくないでしょう。

高価な着物を捨てるのは気が引けますし、買ってくれる人がいれば売りたいですね。実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、友禅市場を候補の一つにしてみてください。どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。見積りだけの利用もできます。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のホームページをのぞいてみてください。

要らなくなった着物を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、例を挙げるのが困難な商品です。

また、仮に同等の着物があったとすると、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらうのが一番です。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱をやめた店も少なくないので、持ち込む前に電話やメールなどで聞いたほうが良いですね。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

どこにあるか知らなくても、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて公に証明している登録商標のしるしです。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。

わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、覚えのない反物に出会いました。

丁寧にしまわれていたため目立った傷みもなくきれいなままで残っています。着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、こうした業者は、反物も扱っているようです。

仕立てないで置いておくのももったいないので買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。