着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却するこ

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし売却を考えているなら、安値で買い叩かれないためにも中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い業者というのをリストアップして、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べると目安になると思います。

仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、損することなく良い売却結果につながると思います。

着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地の名を冠するブランドものです。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きなら持っていて当然と言える有名産地の品なら買い手も多いので高額買い取りもよく耳にします。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはどの着物でも変わりません。

私の家では建て替えが決まり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物がいくつか見つかりました。

保管状態は良く、目立った傷みもなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

仕立てないで置いておくのももったいないので次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

ほんの一例ですが、買取前の出張見積りを依頼したところ、その日のうちに急に家に訪れて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあって、たしか新聞にも載りました。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

まともな業者なら、そういった心配は不要でしょう。

最近、和服の買取専門業者の広告をよく目にするようになりました。

もったいないからと手放さないでいると、防虫剤等をいれていても、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして価値が下がっていきます。

品質が良い着物は、新しいほどリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買取してもらうと良いですね。