着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服や和装小物の買取といえば、いまどきは宅配便を使

和服や和装小物の買取といえば、いまどきは宅配便を使った査定方式が珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

紬や絣など高価な着物も多いので、誠実な業者さんを探したいと思っています。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

要らなくなった着物を処分するとき、値段が心配になりますよね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

とはいえ着物類は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、ひと括りにできないところがあります。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、新品でも安価で売られているため、専門店では安値になってしまうか、最初から除外しているところもあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、着物や帯の点数が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持っていくだけで大仕事になってしまいます。

どうしようかなと迷ったら、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話すれば業者が自宅に来てくれます。

ただ、業者基準の量に満たないときは、来てもらえないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地基準を満たした製品であるとはっきり証明するための独自の登録商標を指します。

証紙は捨てられたり所在不明という方も実際にいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、捨てていなければ、ぜひ探してください。