読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理しています。その中で着物

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話もしくはメール一本でどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒もあってびっくりしました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と途方に暮れていたのでそれだけでもこちらは助かります。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。

要らなくなった和服を買取に出すとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

しかし中古品といっても和服の場合は、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。

もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

和服専門の査定士を置く業者さんに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着物の宅配買取もよく行われていますが有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、多くの着物についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは産地や製作者の証明になるので、言うまでもなく、その有無によって査定結果が明らかに違ってきます。

残っている限りのものを送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

タンスの奥で長いこと眠っている着物がある方、多いと思います。

着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干しをするにも他のものより気を遣います。

今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地が上質で、仕立ても良いものであれば、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。