読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

家を建て替えることが決まった

家を建て替えることが決まったのであらゆるものの整理を行っていたところその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。

奥に隠れていた割には、きれいに保管されており保管されている間に傷むこともなく買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者に尋ねてみたところ、反物の買取をしているところがいくつかありました。

うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。

次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、それに合った小物類、帯締め帯揚げなども買い取りもできるので、聞いてみましょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。

着物買取の前には必ず査定がありますが、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば何とか高く売りたいと思う方は、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。

この査定額では納得できないという場合、後で他のお店に回ることもできるからです。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。

要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。

いまは和服専門の買取業者さんというのが増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

大事に保管してきた着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

査定料や相談料が無料の業者さんも多く、依頼してみる価値はあると思います。

それに、丁寧に保管していたものは意外と良いお値段になることもあるようです。

仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、私の実家には多く保管されています。

濃い色の退色が見られるものもあったのですが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。

聞いた話では、今時の中古着物は、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、問題視しないで買い取るそうです。

とはいえ、査定額はそれなりです。

でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。