着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

タンスの奥で長いこと眠ってい

タンスの奥で長いこと眠っている着物がある方、多いと思います。

着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。

いろいろな理由で、着ることがない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

生地が上質で、仕立ても良いものであれば、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、我が家にはたくさん残っていました。

濃い色の退色が見られるものもあったのですが、業者さんは納得の上で買取してくれました。

なんでも昨今は、正体のわかっているシミ程度なら業者さんのほうでシミ抜きするので、買取になる事例が多いそうです。

そうはいっても、お値段は「相応」のものになります。

一度も着ることなくしまわれていた着物も、それだけで価値があるというわけではありません。

袖を通したことはなくても、経年劣化は多少なりともあるので状態は確実に悪くなっていきます。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしていると思う着物は買い取りに回しましょう。

査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は注意しなければいけません。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

それもそのはず。

中古の和服市場では、喪服の流通は少ないからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったのでずるずると先延ばしにしていました。

最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者も増えてきているそうでサービスの内容や買取価格を調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店を手間ひまかけて探すつもりです。