着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を業者に宅配で送って、買い取りして

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは産地や製作者の証明になるので、高級品であるほど、あるかないかによってものの価値は相当違ってきますから、残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのときぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが決められた基準を満たすことについて証明として発行された登録商標だと考えてください。

これを捨ててしまったり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。

タンスの中で休眠状態の着物がある方、多いと思います。

着物は着るべき時に着るもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったので実にもったいないことをしていました。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが結構あると聞いています。

業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者を家族で検討しています。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、もともとの価格が低いせいもあって、中古買取でも良い値がつかず、最初から除外しているところもあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあるですね。