読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

売りたい着物があれば、そこで何とかしたいと思うのは自分

売りたい着物があれば、そこで何とかしたいと思うのは自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかなのでしょうね。

着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、これが相場、という基準はありません。

素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによって価格は一枚一枚違うのです。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

どこの業者でも査定は無料なので、着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。

要らなくなった和服を買取に出すとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、和服は特殊な存在で、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、単純にはいきません。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

和服専門の査定士を置く業者さんに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

もう着る人のいない着物は、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、大柄の黄八丈のような着物でも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。

それ以外には、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

和装小物も売るように勧められると思います。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと売れるものの幅が広がりますから着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという話もよく聞きます。

帯だけでなく、帯締め帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば処分も兼ねて、着物と一緒に無料宅配査定のサービスを利用すれば絶対に損はしません。

着物を処分したい。

できれば買取を利用してお金に換えたい。

でも売れないと恥ずかしい。

という声をよく聞きます。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、素人が買取価格を予想するのは無理です。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

比較的新しいブランド品は昔の品より裄丈にゆとりがあるため需要があり、業者が手に入れたいのです。