読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たいていの着物専門の買取業者は

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなどセットで売ることもできます。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は下着の位置づけなので未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

一度も着ることなくしまわれていた着物も、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。

未使用の着物であっても少しずつ劣化していくこともあるのでもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

もし、未使用で今後着る予定がないという着物をお持ちの方、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

友達の話によれば、祖母が亡くなり、着物を譲られたけれども買い取ってくれる業者がないかけっこう悩んでいました。

すれや傷みもあるということで買取を断られたらどうしようという悩みもあるようです。

そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

友人もさすがに、リサイクルを止めることにしたようです。

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、何とかしたいと思うのは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかなのでしょうね。

相場はどのくらいか、気になりますが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

専門店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。

業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、汚れや傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるのだそうです。

シミは業者側がきれいにすることもあるとか。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。