着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

先日のことですが、祖母の遺品である着

先日のことですが、祖母の遺品である着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

祖母の形見ですが、着る人もなくこのまま日の目を見る機会がないのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

いわゆる作家ものの着物はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

どんなものの買取でもそうですが、皆さんどの業者に持ち込むといいかと考えてどのように決めたらいいか、迷うでしょう。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。

よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。

専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人の目を通せるので付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫で業者はたくさんあり、どこが良心的なのか自分で調べる余裕もなく実にもったいないことをしていました。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も結構あると聞いています。

ネットなどで口コミや評価を調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店を手間ひまかけて探すつもりです。

私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて専門の業者で、こういう着物を買い取ってくれるところはないか周りに聞いて回っています。

ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで買い取りできないこともあるのかななどと、いろいろ考えているみたいです。

そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。

友人もさすがに、リサイクルを止めて、他の方法を探しています。

もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も何軒かみつけました。

自分に合った買取方法を調べると、着物の枚数は少ないので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で査定から換金まで済ませたいと思います。