読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の買取を検討している方にとって切実な問題

着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、買取業者を決めるときにどのように決めたらいいか、迷うでしょう。

インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので却って迷うのではないでしょうか。

着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。

専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定人に相談できるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。

いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、このまま日の目を見る機会がないのも着物にとっていいことではないだろうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが有名作家の作品というようなものはなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろんそれに合った小物類、帯締め帯揚げなどもセットで売ることもできます。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、実際に利用した人の満足度が高いことで知られています。

電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に問い合わせできるのがありがたいです。

もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。

「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、初めてでも安心して利用できますね。