着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

誰もがネットに接続できるようになった最近

誰もがネットに接続できるようになった最近では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、思いつくままに検索することができます。

でも、情報を精査するのは人間です。

品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、ふるいに掛けてから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

単独査定だと高いか安いかわかりませんし、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他それに合った小物類、帯締め帯揚げなどもセットで売ることもできます。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため未使用でなければ需要はありません。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

一斉に虫干しをして間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も思い切って買い取りしてもらいませんか。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

着る人がいない着物を処分する際は、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、本来の価格が低いですから、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルショップのほうが引き取ってくれる可能性が高いですね。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、私がこのまま保管しておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。