読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物

長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物の管理に悩んでいませんか。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。

もう着ないと考えられる着物ならば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地が上質で、仕立ても良いものであれば、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、量が多かったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持っていくのに一苦労です。

そんなときこそ、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただし、それなりの量に満たなければ利用できないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、これから利用する人は気をつけましょう。

私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、その日のうちに急に家に訪れて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあるようです。

ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。

古物商の届出が出ている業者は、そういった心配は不要でしょう。

最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、以前は知るのに苦労した情報なども簡単に知ることができるようになりました。

ただ、どんなことにも言えますが、思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。

1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、必ずしも高値がつくものではありません。

袖を通したことはなくても、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し状態の悪化はどうにも避けられません。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をお持ちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。