読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

まとまった量の着物を買い取っても

まとまった量の着物を買い取ってもらい、総額で結構な値がつくこともありえます。

確定申告は必要なのか、気になるところです。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので簡単に割り切れない問題です。

不安を解消してすっきりしたいなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

紬や絣といった着物なら、結城や牛首のような品でなくても、産地・種類を問わず買取してくれます。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅やブランド着物なども取扱対象のようです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、注意することが一つあります。

着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコンを売るときと同じでこのような品質を保証するものはあるかないかというだけで買取価格はかなり違うと考えてください。

一部でもとってあれば必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地基準を満たした製品であると明確に示している登録商標のしるしです。

これを捨ててしまったりきちんと保管していない方もいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、探して査定のときに持って行ってください。

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

処分を決め、買取業者を探してみると梱包しなくても、電話すればどこまでも買取の車を出してくれるところもあることに驚きました。

売りたいものを全部まとめると大変な数でこれをお店にどうやって運んだらいいのか、と頭を抱えていたのでとても嬉しいサービスでした。