読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服の買取をしてもらおうというときに、喪

和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、あまり多くはありませんが、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そんな方もいるでしょう。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の有名作家の作品なら、昔の品より裄丈にゆとりがあるため中古市場で高値をつけられるからです。

古い和服を処分すると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高値になり、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るのでケースによって違うと考えましょう。

不安を取り除くためには後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば本来の価値を認めてもらえないのは当然といえば当然です。

ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買取の可能性がかろうじて残っています。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。