読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだ

本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人も多くて当たり前ですが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら手放してお金に換えることにすればいろいろな問題が片付くでしょう。

保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそこそこの買取価格で売れるでしょう。

思い出よりも、これからの生活に役立つお金が手に入るでしょう。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

どんな生地、色柄も、生地や糸は徐々に劣化していくものでもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

保管状態が良く、未使用でもう着ないと思う着物は買い取りに回しましょう。

買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯締め帯揚げといった小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため一度でも着たものは買い手がつきません。

それでも買い取る可能性があるのは素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば交渉次第で売れるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方もかなりいるのではないでしょうか。

着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。

その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ友禅市場を候補の一つにしてみてください。

査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。

無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。

着物を売りたいと考えている方は買取先の候補にしてはいかがでしょうか。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、業者はたくさんあり、どこが良心的なのか自分で調べる余裕もなく実にもったいないことをしていました。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者もちょっと探せばあるようです。

ネットなどで口コミや評価を調べ、細かいところまでサービスを調べてがんばって見つけたいです。