読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物は着るのも見るのも良いものですがい

着物は着るのも見るのも良いものですがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

一斉に虫干しをして和紙を挟んでから形通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も思い切って買い取りしてもらいませんか。

眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他それに合った小物類、帯締め帯揚げなどもセットで売ることもできます。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用でなければ需要はありません。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取を専門にするところが以前よりずっと増えてきています。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取実績がある業者のふりをして、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺まがいの営業を行っている業者もあるということです。

クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、終始気にするのが着物の価値を正しく評価した査定額かではないでしょうか。

相場はどのくらいか、気になりますが相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので価格は一枚一枚違うのです。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつてはわからなかったような情報もうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。

ただし、それらをどう使うかは人によります。

思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、信頼できそうな業者に絞ってから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

大切な着物ですから安い取引をしないためには、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。