読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自分が持っている着物の中に、特に大事に

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ないときがほとんどで着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあっていろいろ考えた末、処分しようと決心しました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。

可燃ゴミになるより、リユースできれば着物にとってもいいだろうと思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。

自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。

着る人がいなくなった着物など、折を見て着物の買取業者に査定してもらうと世のため、人のためかもしれません。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはインターネットの検索を工夫して着物買取業者の評価も調べられます。

良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますが第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったので実にもったいないことをしていました。

最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者も結構あると聞いています。

業者間の差もあるようなので自分の希望に合ったサービスを行うお店を家族で検討しています。

着物の価値を評価してもらうためにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地の基準に適合していることをはっきり証明するための独自の登録商標を指します。

証紙は捨てられたり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定のときには揃えておいてください。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

着ることによる傷みはなくても生地や糸は徐々に劣化していくもので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

もし、未使用で今後着る予定がないという着物に心当たりがあれば、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。