着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

一度も着ることなくしまわれて

一度も着ることなくしまわれていた着物も、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

未使用の着物であっても少しずつ劣化していくこともあるので状態は確実に悪くなっていきます。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、といった着物がご自宅にあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

着物買取の注意点です。

査定では着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

もとは最高級の着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのがどの業者でも同じです。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取できるかもしれません。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅で出張査定を行う業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も複数あるようです。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

買取に出す枚数を考えると近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。

売りたい着物があれば、そこで終始気にするのが買取価格に納得できるかどうかではないでしょうか。

相場があるのか、疑問に思うでしょうが、相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので価格は一枚一枚違うのです。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。

どこでも、査定は無料で行っていますから、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物がある方、多いと思います。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、他の着物より格段に手がかかります。

もう着ないと考えられる着物ならば買取を考えてもいいのではないですか。

いわゆる高級品であって、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。